So-net無料ブログ作成
検索選択

パルマ-イタリア美術、もう一つの都展 [07展覧会感想]

国立西洋美術館で開催されていた『パルマ-イタリア美術、もう一つの都』展を観に行きました。この展覧会は、コレッジョやパルミジャニーノといった優れた芸術家が活躍したルネサンス期から、独自の文化がファルネーゼ家の庇護のもとに栄えた16世紀後半から17世紀バロック期までを視野に入れながら、パルマの芸術文化を広く紹介しようとするもので、コレッジョやパルミジャニーノが登場する背景と、その後、コレッジョが到達した「優美」な世界がバロック絵画に与えた影響を、数多くの作品により展観するものだそうで、世界的にもきわめて貴重な機会とのこと。

~展示構成~
Ⅰ.15世紀から16世紀のパルマ-「地方」の画家と地元の反応 Ⅱ.コレッジョとパルミジャニーノの季節 Ⅲ.ファルネーゼ家の公爵たち Ⅳ.聖と俗の絵画-「マニエーラ」の勝利 Ⅴ.バロックへ-カラッチ、スケドーニ、ランフランコ Ⅵ.素描および版画

コレッジョ《幼児キリストを礼拝する聖母》まずは、コレッジョ。本名はアントーニオ・アッレーグリというそうだ。《東方三博士の礼拝》《階段の聖母》《幼児キリストを礼拝する聖母》の3点が見応えのある素晴らしい作品でした。特に、《幼児キリストを礼拝する聖母》はとても優しく温かい感じが印象的で心が落ち着く。この展覧会で一番のお気に入り作品でした♪(^_^)/静かな薄暗いところで一人でじっくりと向き合いたいかな。細部までキッチリと描き込まれています。《階段の聖母》は壁画。柔らかく穏やかな表情が印象的。ん~上部が欠落しているのが惜しい・・・コレッジョの模写《聖母子とマグダラのマリア、聖ルチア(通称アルビネーアの聖母)》は優美な女性が見応え十分。いや~女性が綺麗すぎて宗教画とは思えないですよ~♪ヾ( ̄ー ̄)ゞフランチェスコ・ザガネッリ《妻ドミティッラ・ガンバラの肖像》もよかったね~

パルミジャニーノ《聖カタリナの神秘の結婚》パルミジャニーノ《ルクレティア》パルミジャニーノとはパルマッ子という意味だそうで、本名はフランチェスコ・マッツォーラというそうです。そのパルミジャニーノは《聖カタリナの神秘の結婚》《ルクレティア》の2点が見応えがありました。《聖カタリナ~》は緩やかな流れを感じる優しい作品。《ルクレティア》は胸に剣を突き立てるというショッキングなシーンにもかかわらず、何故か優雅さを感じる不思議な作品。ともに、滑らかな肌の質感や衣が柔らかく優しく、ゆったりとした時間の流れを感じる。
チラシの表にある、ジョルジョ・ガンディーニ・デル・グラーノ《聖母子と幼い洗礼者聖ヨハネ、聖エリサベツ、マグダラのマリア》も見応えありました♪大胆なコントラストというか、なんというか・・・チラシで見た時よりも実際には鮮やか。青や緑の使い方がうまいな~という感じ。肌の色や質感との対比が見事でした。これ、結構好きかも。ちなみに美術館前の看板もこの作品。美術館前の看板 

アレッサンドロ・ペドリ・マッツォーラ《聖家族と幼い洗礼者聖ヨハネ、プットたち》アレッサンドロ・ペドリ・マッツォーラ《聖家族と幼い洗礼者聖ヨハネ、プットたち》はとても優しく温かい作品。パッと見はゴチャゴチャした感じがしましたが、とても落ち着きのある穏やかなものでした。ガイドブックの解説によると、幼児キリストは威厳ある救世主である前に、幼い子供であることを強調して描かれているそうです。そのため、より親しみやすい身近な存在としての聖家族が示されているとのこと。マロッソ(本名ジョヴァンニ・バッティスタ・トロッティ)《聖ルチア》も迫力がありました~!眼病に対する守護聖人だそうで、とても綺麗な女性が目玉を載せたお皿を手にしています!!(@_@)私の視力を回復させて欲しいです・・・(※裸眼視力0.03、乱視のおまけつき!かなり切羽詰ってます!!)アゴスティーノ・カラッチ《聖母子と聖マルガリタ、聖ベネディクトゥス(?)、聖チェチリア、幼い洗礼者聖ヨハネ》アゴスティーノ・カラッチ《聖母子と聖マルガリタ、聖ベネディクトゥス(?)、聖チェチリア、幼い洗礼者聖ヨハネ》は女性がとても綺麗♪特に滑らかな肌の質感は必見!!この作品いいですね~、好きです♪(^_^)/でも公式サイトの解説によると、「画面左下でひざまずくマルガリタは、4世紀はじめに首をはねられて殉教したとされる聖女です。キリスト教徒への迫害を受け、全身を引き裂かれるほどの拷問を受けたのち、牢に閉じ込められます。牢では巨大な竜が現れ彼女めがけて襲いかかりますが、十字を切ると竜は消えたといわれます。竜や十字架とともに描かれることが多い聖人です。」とのこと。ほぼ同じ内容の解説が会場にもあったと思います。(もしかしたら、全く同じかも。えっ、そんなもん無かった??)かなり記憶が薄れてきています・・・(;^_^ A フキフキ いずれにしても、この解説内容はヘビーですよね・・・作品から受ける優美さというものが吹っ飛んでしまいます。

バルトロメオ・スケドーニ《キリストの墓の前のマリアたち》シスト・バダロッキオ《守護天使》バルトロメオ・スケドーニ《キリストの墓の前のマリアたち》もとても印象深かった作品のひとつ。でかっ!!すんげー迫力!!Σ(ヾ ̄▽ ̄)ヾ!!大胆なコントラストと劇的な描写に圧倒されました・・・・・つーか、この白色は凄いです、凄すぎます!!!フラ・センプリチェ・ダ・ヴェローナ《エジプトへの逃避行途上の休息》も見応えのある素敵なものでした♪「なるほど~そーゆー場面だったのか~」と解説を読んで、納得、納得♪勉強になりました!シスト・バダロッキオ《瀕死のクロリンダに洗礼を授けるタンクレーディ》は切ない・・・これに対し《守護天使》は格好良過ぎます!!ちなみにプレミアム・ブックレットの表紙もこれ。実物を前にした第一印象は、ドラクロワ《民衆を導く自由の女神》(※実物を観た事はありません。)のような躍動感と迫力を感じました。全く違う場面なのに・・・巧みな色使いと劇的な描写がそのように感じさせるのでしょうか?ん~やっぱり格好いい!!ガイドブックの解説によると「・・・悪魔を退治する天使ではなく、あくまで子供を守護するということがモチーフとなっています。子供と天使との精神的絆の深さが、天使にしがみつく子供の仕草と、体を乗り出してそれを守ろうとする天使の姿から読み取ることができます。人間の情愛と絆が最も重要な主題となっていることは、時代を超えてパルマ派の作品の特徴となっている人間性への洞察がバダロッキオの中にも息づいている証といえるでしょう。」とのこと。奥深いっすねー!ヾ( ̄ー ̄)ゞ

素描及び版画にも見応えのある素晴らしい作品が揃っていましたが、特に気に入ったのはミケランジェロ・アンセルミ《パウルス3世の紋章》とパルミジャニーノ《本を手にした女性の肖像》《ステッカータ聖堂の乙女像の習作》でした。いずれも繊細なもので食い入るように楽しんできました♪

パルマ派って何?宗教や神話について詳しくないしどうなのかな~と思いつつも、気になる作品がいくつかあったこと、招待券が当たったことから鑑賞した展覧会でしたが、これは観に行って正解!!(メチャメチャ暑かったけど・・・)行かなかったら後悔していたかも!(≧▽≦)bえっ?詳しくないのに何故後悔するのかって???それは公式サイトがとても充実していたからです。主要作品がいくつも掲載され解説が付されおり、また、題材となっている宗教や神話の場面や人物についても説明があり、とてもわかりやすかったです。過去の展覧会に比べてもとても親切で魅力的な公式サイトに感じました。更に、会場の作品解説はもちろん、作品リストにも主題解説として『聖カタリナの神秘の結婚』『キリストとマリアたち』『ウルカヌスの復習』『キリストとエルサレム入場』の説明があり、宗教や神話に詳しくなくても十分に楽しめるよう配慮されていました。同一主題でも画家によって随分と違いますね~、パルマ派と一括りにしてしまうのはちょっともったいないかも♪それにしても知らない名前ばっかりの展覧会でここまで楽しめるとは思いませんでしたよ。。。ヾ( ̄ー ̄)ゞ
全体的に迫力のある作品が揃っているように感じました。しかも緻密な描写の優美で繊細なもの。特に大きな作品は素晴らしいものが揃い、とても見応えありました(ちょっと首にきたけど・・・(^_^;))
展示室は程よく空いていたので、大きな作品から版画・デッサンまでのんびりじっくりと楽しむことが出来ました♪もっとも、この日は恐ろしく暑かったので、常設を含め閉館時まで粘るつもりでしたが。。。(ホントに閉館時まで居ました!)展示室は涼しくて居心地がいいっすね~(*^^*) フフ

  • 図録:2500円
  • 音声ガイド:500円

国立西洋美術館(http://www.nmwa.go.jp/index-j.html

パルマ展公式サイト(http://www.parma2007.jp/) 

チラシです。(参考までに)

表裏

プレミアムガイドブック


nice!(9)  コメント(19)  トラックバック(9) 
共通テーマ:アート

nice! 9

コメント 19

shamon

TB感謝だす♪。こっちからもお送りしますね。

>この白色は凄いです、凄すぎます!!!
ぱぁ~~~っと!展示室が輝く凄さでしたね。
口開けてぽかんとただただ見入るのみ、でした。

>これに対し《守護天使》は格好良過ぎます!
まるで映画のワンシーンですよね。
私もこれ、大好きです^^。
by shamon (2007-09-02 18:10) 

りゅう

>shamonさん、TB&コメントありがとうございます(^o^)丿
スケドーニ、あの展示(演出!?)は反則ですよね~
私もぽかんと口を開けて見入ってしまいました!
《守護天使》、ホント映画のワンシーンのようですね!
ん~何度見ても格好いいです♪
この作品をチラシの表にしたバージョンもあったら良かったのに!!(^_^)/

>Nikkiさん、TBありがとうございます(^o^)丿

>takagakiさん、はじめまして。nice!ありがとうございます(^o^)丿

>naonaoさん、nice!ありがとうございます(^o^)丿
by りゅう (2007-09-02 23:13) 

はろるど

りゅうさんこんばんは。TBとコメントをありがとうございました。
スケドーニは素晴らしかったですよね。図版で見てとても期待していた作品だったのですが、実物を前にしてさらに感動しました。奇抜なコントラストが時代を越えていますよね。照明もバッチリでした。

>パルマ派って何?宗教や神話について詳しくないしどうなのかな~

私も同じです。パルマ=チーズ?というくらいの認識でして…。でも凄い楽しめました。これは大満足です!
by はろるど (2007-09-03 00:55) 

りゅう

>はろるどさん、こんばんは。TB&コメントありがとうございます(^o^)丿
私もパルマというと、チーズと生ハムしか思い浮かびませんでした。
『神々しいってこういうことなのか~』とスケドーニの前で呆然と立ち尽くしてしまいました♪(^_^)
パルマ、恐るべし!(笑)
とても充実した時間を過ごすことが出来ました。
西美の企画展は堅実で味わい深いものが多いですね♪
by りゅう (2007-09-03 20:49) 

くみみん

こんばんは。
終わってしまいましたね(T-T) 残念!!
「守護天使」見たかったのに(;_;)
by くみみん (2007-09-03 21:06) 

アイレ

りゅうさん、こんばんは
終わってしまいましたが、本当に良い展覧会でした。
私も最初は“パルマ派”そんなムーブメントがあるの?といった感じでしたが、見終わって「行ってよかったー(≧▽≦)」という気分になった展覧会でした。

なにより描かれた聖母子や聖女が綺麗なのが見た目に良い。綺麗な絵は心を安らかにしてくれますね。宗教画ってそういった意味合いもあったのでしょうね。
by アイレ (2007-09-03 22:08) 

pistacci

いきそびれました~(T_T)
でも、ブログ記事読んで、かなり、行った気に・・なってます・・。
みたかったなぁ~。
by pistacci (2007-09-04 21:13) 

はな

りゅうさん、こんばんは!
私のブログにお越しいただいてありがとうございました♪
ここ数日腰痛で(恥)こちらにお邪魔するのが遅くなってしまい、失礼いたしました…

このカテゴリーでこれだけの作品が一堂に会するのは、やっぱり貴重な機会だったんだな~とあらためて思いました!
暑い盛りの展示でしたが、お互いいいもの鑑賞できてよかったですね☆

私も《階段の聖母》すきだったなあ…
by はな (2007-09-04 21:41) 

りゅう

>kumiminさん、こんばんは。nice!&コメントありがとうございます(^o^)丿
《守護天使》格好良かったですよ~♪プレミアムガイドブックを見たときに、これは観に行かなきゃ~って思いました!(@_@)
雰囲気だけでもお伝えできれば思い、画像をクリックすると拡大するよう設定したつもりです。(・_・)/ハッ。(ちゃんと開いたかなぁ。。。)

>アイレさん、こんばんは。TB&コメントありがとうございます(^o^)丿
最近、ココログとライブドアブログにTBが上手く飛ばなくて・・・ウーム (; _ _ )/頑張って飛ばしてみますね!!
300円だし・・・と軽い気持ちでプレミアムガイドブックを購入したところ、魅力的な作品が多数掲載されており、これは大ヒットの予感♪(@_@)
なるほど~、宗教画にはそのような意味合いがあったのですね。染入るように心に響く作品が多かったように思います。自分の中で宗教画の捉え方が変わりつつあります、勉強になりました!(^_^)/

>pistacciさん、こんばんは。nice!&コメントありがとうございます(^o^)丿
とても素晴らしい展覧会でした♪
西美の企画展はしっかりとした内容の堅実なものが多いように感じます。
この展覧会は口コミで高い評価を得て会期末はとても混雑したそうです。私が鑑賞した時に空いていたのは運が良かったからかもしれません。なんと言っても、お盆休みで帰省中&40℃ですからね!(^_^)/

>はなさん、こんばんは。TB&コメントありがとうございます(^o^)丿
パルマ派って何?という感じでしたが、とても素晴らしい展覧会でした。
「優美」な作品が多くて余韻がとても心地よかったです。
《階段の聖母》はアイレさんが画像を掲載されていますよ♪
私も腰痛持ちです、その痛みと苦しみとってもよくわかります。
(以前は腰椎分離症2箇所&腰痛症でした・・・)
負担のかからぬよう無理せず安静に。
早く良くなるといいですね、お大事に♪(^_^)

>Press Of showTaさん、はじめまして。TBありがとうございます(^o^)丿
by りゅう (2007-09-04 23:20) 

ぽんこ

売店にあったバルサミコ酢買おうかどうしようかなやんだけど
結局買わず。チーズもうんまそうだった。
試食とかあればよかったのにな。
食べることばっかりでごめんなさい(m_m)
by ぽんこ (2007-09-06 15:27) 

りゅう

>ぽんこさん、nice!&コメントありがとうございます(^o^)丿
チーズうんまそうでしたね~(^¬^)
保冷剤もらっても、外は40度だし・・・ その後飲み会だし・・・
ということで購入断念。。。 
ん~、試食したかったなぁ。。。
今度、アンケート用紙に『試食希望!!』と記載してきます!(≧▽≦)b
by りゅう (2007-09-06 21:38) 

Tak

こんにちは。
TBありがとうございました。

今年のベスト5に必ず入る展覧会でしたね。
この展覧会にかけるひとりの「男」の想いが
随所で垣間見られました。
by Tak (2007-09-07 10:01) 

りゅう

>Takさん、こんばんは。TB&コメントありがとうございます(^o^)丿
『苦悩に満ちた青春の想い出と情熱が原動力』となった素晴らしい展覧会、私も充実した時間を過ごすことができました♪
やはりあの展示は「作戦」だったんですね~(^_^)
by りゅう (2007-09-07 20:40) 

りゅう

>いっぷくさん、nice!ありがとうございます(^o^)丿
by りゅう (2007-09-09 13:14) 

TaekoLovesParis

りゅうさん、チケット当たったんでしたよね。いつ記事になるのかなぁと思っていましたよ。りゅうさんは何がお気に入りになるのかな、って気になったから。一番コレジョ、二番スケドーニですか。私の予想にかなり近いです。
by TaekoLovesParis (2007-09-09 23:16) 

りゅう

>TaekoLovesParisさん、nice!&コメントありがとうございます(^o^)丿
コレッジョ見応えありました♪
ペルジーノ展を逃したことをとっても後悔しています・・・(T_T) ウルウル
久しぶりに感想記事をアップしたところ、1日あたりの閲覧数が久しぶりに500を突破しました。このブログはアートがメインのようです・・・ヾ( ̄ー ̄)ゞ
by りゅう (2007-09-10 21:07) 

りゅう

>plotさん、nice!ありがとうございます(^o^)丿
by りゅう (2007-09-14 00:20) 

りゅう

>てんとうむしさん、はじめまして。nice!ありがとうございます(^o^)丿
by りゅう (2007-09-16 00:43) 

りゅう

>たび☆めし☆うま BLOGさん、はじめまして。TBありがとうございます(^o^)丿
by りゅう (2007-10-27 23:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 9

この記事のトラックバックURL: