So-net無料ブログ作成
検索選択

シャサーニュモンラッシェ 第1級 モルジョ クロ シャロー 1998 (赤) [ワイン]

2月の中旬に飲んだワイン。

いいかげんな記憶をもとに感想。

ジャン-クロード べラン

シャサーニュモンラッシェ 第1級

モルジョ クロ シャロー 1998 (赤) 750ML

 感想:ブルゴーニュ地方の飲み頃を迎えつつある赤ワイン。香りは落ち着いていて若いブルゴーニュにありがちなフルーツ満載みたいなものではないが、甘くやさしい香りが漂う。(温度が低いから香りが弱いのかも・・・) 色は赤から微かに茶が入りつつあるかなぁって感じで紫は無し。味は口に入れた瞬間に甘味が感じられるがすぐに消える。滑らかというかさらさらとした感じですごく上品。渋味も落ち着いていて飲み易く、ごくごく飲みたくなる。もう少し水っぽいものを予想していただけに、以外に(予想以上に)濃いなぁって感じがした。翌日になると、香りも味もより広がってきて、かわいらしさが見えてきたので、初日は「低温&抜栓直後」だったことから控えめな印象だったのかなぁなんて。

おいしいワインで、飲んでいて楽しくなってくる(ただの酔っ払い~)

おいしくて楽しい気分になれるワインは久しぶり。

シャサーニュモンラッシェというと白のイメージが強く、赤はイマイチ目立たない感じだが、赤も結構すばらしい。価格も他のブルゴーニュ第1級のものと比べると抑え気味なのでコストパフォーマンスはすごく高いと思う。日本のマーケットは知名度が優先されるので、名前の通っている地域だと質の悪いものでも馬鹿みたいに高価格で取引される反面、今回のように地味で知名度の低い地域の質の良いもの(ポイントは生産者)が比較的低価格で手に入るので、コストパフォーマンスの高いワインを探すのが楽しい。 


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ミュシャ展 [05展覧会感想]

13日(日)にミュシャ展に行ってきました。東京都美術館は昨年の「栄光のオランダ・フランドル絵画展」(フェルメールの「画家のアトリエ」等)以来です。

9時45分ごろに美術館に到着。当日券の売り場に誰も並んでなかったので、『やった~』って感じ。しかも前を歩いている人はみんな公募展のほうに流れてく。入り口で図録を購入し、音声ガイドを借りて展示室へ。(※図録は会場内のグッズコーナーでも買えます)

続きを読む


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

花粉症 [たわごと]

ついに来てしまった、 花粉症 (←花粉=ミツバチ=こんな感じ?)

※Tカラーではありません(念のため)

花粉症歴20年以上の超ベテラン(常連)です。

今年は、キツイ

今日の症状くしゃみ、鼻水、目の痒み。

今日は、まだ、軽いほう。

でも、コンタクト出来ません・・・(視力0.03、乱視、ドライアイのおまけつき)

PCのモニター見るの結構つらいです。

ということで、今日はここまで


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

夢の美術館(1/29) ~2/11NHK総合 [アート]

「夢の美術館~ついに登場!ルーヴル名宝100選~」

あのルーヴルの作品を順位付けするなんて!!

でも、とても楽しい番組だった(長いけどね)

2月11日(金)にNHK総合で再編集して放送するとのこと。

 

一番印象に残ったのは、

ずばり、『ニケ』

 そして、ジョルジュ・ド・ラ・トゥールの数々の作品もすばらしいの一言。

フェルメールレンブラントボッティチェリも。

こんなにすごい作品がたくさんある中でどうやって順位を?

現在、NHKのHPで投票を受付けていますが、この結果は本当に楽しみです。

2月11日の放送の中で発表するとのこと。

観なくては!

 

ルーヴル美術館展(横浜美術館)

ここで紹介された作品のいくつかに会える!!

そしてジョルジュ・ド・ラ・トゥール展(国立西洋美術館)ももうすぐ。

まだ、前売券を購入していないけど、この2つの展覧会は絶対に行くぞ!

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート