So-net無料ブログ作成

ドレスデン国立美術館展 [05展覧会感想]

27日の午後、ドレスデン国立美術館展-世界の鏡を観に行きました。この展覧会は、ドレスデンに居城を定めたザクセン選帝侯のコレクションを7つのセクションでみるもので、16世紀から19世紀のドレスデンにおける芸術潮流に焦点を合わせ、ドレスデン国立美術館のコレクションから選りすぐられた約200点によりその全貌を紹介するものだそうで、国際交流によってもたらされた多彩な作品を通じて、万華鏡のように各国の文化を映した「世界の鏡」としてのドレスデンの姿を浮き彫りにするということです。

~展示構成~
Ⅰ.ドレスデンの美術収集室(クンストカマー) Ⅱ.オスマン帝国-恐怖と魅惑 Ⅲ.イタリア-芸術の理想像 Ⅳ.フランス-国家の表象と宮廷文化 Ⅴ.東アジア-驚嘆すべき別世界 Ⅵ.オランダ-作られた現実 Ⅶ.ドイツ-ロマン主義的世界観

続きを読む


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(5) 
共通テーマ:アート

日本におけるドイツ年、そしてベルギー・・・ [アート]

久しぶりの更新です。


別にサボっていたわけではありません・・・
手が痛かったり、夕立で雷が鳴り響いていたり、サーバの不調など、
記事を書ける状況ではなかった・・・
(オモイッキリ、いい訳です\(__ ) ハンセイ~♪)

ところで、8月のカレンダー(左上)が、隠れミッキー♪
気にしてませんよね~
(チョット気に入ってたもので・・・(ーーA;; アセアセ )

 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ポーラ美術館の印象派展 [05展覧会感想]

9日に、ポーラ美術館で開催されている「開館3周年記念展 ポーラ美術館の印象派 モネ、ルノワール、セザンヌと仲間たち」を観に行きました。

この展覧会は、開館3周年を記念して、コレクションの中心となるフランス印象派の作品を、画家たちの交流に焦点を当てた構成で紹介するものだそうです。

 ~展示構成~
「マネ」「モネとシスレー」「セザンヌ」「モネとロダン」「ルノワール」「ドガとトゥールーズ=ロートレック」「ゴーガンとゴッホ」「ピサロと最後の印象派」

続きを読む


nice!(1)  コメント(20)  トラックバック(2) 
共通テーマ:アート

箱根 日帰りの旅 [おでかけ]

9日に、箱根、仙石原のポーラ美術館で開催されている

「開館3周年記念展 ポーラ美術館の印象派
 モネ、ルノワール、セザンヌと仲間たち」

を観に行きました。

 

続きを読む


気分転換 [アート]

先日、部屋に飾ってある絵をかえてみました。

いずれも、昨年、東京都美術館で開催された展覧会の際、
500円で購入した額絵(B3サイズ)です。

           

【ベルト・モリゾ《桜の木》 1891年】
マルモッタン美術館展(http://www.ntv.co.jp/marumo/index.html

 

      ↓

  

【ヨハネス・フェルメール・ファン・デルフト《画家のアトリエ(絵画芸術)》 1665/66年頃】
栄光のオランダ・フランドル絵画展(http://event.yomiuri.co.jp/2004/S0178/top.htm

 

続きを読む


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。