So-net無料ブログ作成
検索選択

ハウルの動く城 [映画]

先日の放送を見ました。

ハウルの動く城

ハウルの動く城

  • 出版社/メーカー: ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
  • 発売日: 2005/11/16
  • メディア: DVD

ハウルの動く城 特別収録版

ハウルの動く城 特別収録版

  • 出版社/メーカー: ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
  • 発売日: 2005/11/16
  • メディア: DVD

ストーリーAmazon.co.jpより
 愛国主義全盛の時代。王国の兵士たちが今まさに、戦地に赴こうとしている。銃には花が飾られ、歓呼の中を行進する兵士たち。荒地には、美女の心臓をとって喰らうという魔法使いハウルの、動く城まで現れた。
 そんな町から離れて歩く、ひとりの少女がいた。主人公ソフィーは18才。荒地の裾野に広がる町で生まれ育ち、亡き父の残した帽子屋を切り盛りしている。
 ソフィーはある日、町で美貌の青年と出会う。何かに追われているらしい青年はソフィーと共に天へ舞い上がったかと思うと、束の間の空中散歩にいざなう。夢のような出来事に心奪われるソフィー。しかしその夜、ソフィーは、荒地の魔女と名乗る魔女に呪いを掛けられ、90才のお婆ちゃんに姿を変えられてしまう。このままでは家にいられない!
 ソフィーは荷物をまとめ、ハウルの棲む城があるという、人里離れた荒地を目指すのだった。


映像は綺麗だけど・・・

続きを読む


nice!(6)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

アルマゲドン [映画]

久しぶりに見ました~

アルマゲドン

アルマゲドン

  • 出版社/メーカー: ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
  • 発売日: 2006/01/25
  • メディア: DVD

ストーリー(WOWOWのHPより)
巨大な小惑星が地球に接近、18日後の衝突が避けられないことが判明した。危機を回避するには小惑星の奥深くに核爆弾を仕掛け、軌道を変えるしかない。NASAのトルーマンはこの困難な作戦を石油採掘のプロ、ハリーに依頼。ハリーら14名は2機のシャトルで小惑星へ向かうが1機は着陸に失敗、一行は不充分な人数と装備で任務にのぞむ。

 

ブルース・ウィリス、かっこよすぎるぜっっ!! (^o^)丿

それにしてもすんごい設定だ・・・(^▽^) ハッハッハ

 

★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜

続きを読む


nice!(5)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

マダム・ド・レイヌ 1995 [ワイン]

6月に飲んだワインです。
久しぶりに飲んだワインは、極甘ワイン・・・
疲れが溜まっているようで。

マダム・ド・レイヌ1995マダム・ド・レイヌ 1995 (白)

フランス ボルドー地方 ソーテルヌ地区

ソーテルヌAC

極甘口


感想:
甘っ!!さすが極甘ワイン。南国系の完熟フルーツのような濃厚な香り。甘いけれど、こってりべとべとの気持ち悪くなるようなしつこさは無く、意外とすっきりとした甘さで、とても上品な感じ。さすが、名門シャトー、まさしく正統派のデザートワイン。食前酒としてもOK!!それにしても、すんごい色だ・・・ブランデーのような透明感のあるレンガ色。熟成によるものでしょう。ロゼワインよりも濃く、それでいて白ワインのくっきりとした透明感。1日目よりも、2日目。さらに数日後・・・時間とともによりまろやかになっていく感じ。本当は冷やして飲むべきでしょうが、常温の方がより香りが華やかに開きました。(せっかくなので、いろいろ試してみました~(^o^)丿)底力のあるかなり強い(潜在能力の高い)ワインとみた。

飲みかけです・・・ソーテルヌ地区第1級、シャトー・レイヌ・ヴィニョーのセカンド・ラベル。セカンド・ラベルだからといってなめてかかってはいけないというお手本のようなワインでした。セカンド・ワインの中には「本当にセカンドかよっ」と疑いたくなるような酷いものも稀にありますが、名門シャトーのセカンドはとても質が高いですね。残り物の質の悪いものと考えるのではなく、何かがチョット足りなくてファースト・ラベルになりそこなったと考えるべきですね(^o^)丿ファースト・ラベルはなかなか手が出せなくてもセカンド・ラベルなら・・・(=^_^=) ヘヘヘ

★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜

続きを読む


nice!(4)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

迷宮美術館 [アート]

ポーラ美術館で開催中のピカソ展がNHKの『迷宮美術館』で紹介されます。(^o^)丿
しかも、今回は出張版!!

この展覧会、興味はあるのですが、遠いんだよなぁ。。。
前回のぼやき記事はこちら

 箱根・・・そろそろ紫陽花が見ごろですね~

いい時期です。

 

居ても立っても居られずに箱根に乗り込むか?

番組で満たされ鑑賞を見送るか?

全ては番組次第・・・

 

~ピカソをつくった女たち~

NHK迷宮美術館(http://www.nhk.or.jp/bs/meikyu/

放送予定:7月9日(日)【BS2 23:00~】 7月10日(土)【BShi 23:25~】

今回は、箱根・ポーラ美術館からの出張版。本物の絵画をめぐりながら、20世紀最大の巨匠ピカソが描いた女性たちに迫る。女性を描くことはピカソの創作の原動力。愛する女性が変わるごとにピカソの絵は大きく変化を遂げた。彼女たちの何がピカソを変えたのか?
迷宮伝説は「ピカソ、結婚の真実」。大勢の女性と浮名を流したピカソが36歳ではじめて結婚した女性オルガ。そのオルガとの37年間にわたる結婚生活は波乱に満ちていた。出会い、結婚、待望の長男出産、そして浮気、別居――。オルガはピカソにどう描かれたのか?そして、二人はどんな結末を迎えたのか?ピカソの画家人生を決定づけた妻オルガとの知られざる悲しい物語。

 

 75分・・・60分・・・45分・・・   ( ̄-  ̄ ) ンー

迷宮ショータイムのパントマイムが好きなんですがね・・・ウーム (; _ _ )/

★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜

 

続きを読む


nice!(5)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート