So-net無料ブログ作成
検索選択

ピカソとモディリアーニの時代展 [06展覧会感想]

渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムで開催中の「ピカソとモディリアーニの時代」展を観に行きました。この展覧会は、北フランスのリール近代美術館が所蔵するモダン・アートのコレクションの中からモディリアーニの作品12点やピカソの作品をはじめ、ビュッフェの大作、ブラック、レジェ、カンディンスキーやミロといった20世紀を代表する画家たちの作品約100点を紹介するもので、20世紀美術の優れたコレクションで世界的に知られるリール近代美術館の作品が、日本で大々的に公開されるのはこれが初めてだそうです。

~展示構成~
1.ピカソ/キュビスムの世紀 2.モディリアーニ/芸術の都パリ 3.ミロ/シュルレアリスムから抽象絵画へ 4.ビュッフェと素朴派/二極化する具象表現

続きを読む


クリーブランド美術館展 [06展覧会感想]

六本木ヒルズ・森アーツセンターギャラリーで開催中の『クリーブランド美術館展-女性美の肖像-』を観に行きました。この展覧会はクリーブランド美術館の増改築工事に伴い実現した国際巡回展として、同館が所蔵する近代美術コレクションのなかから選りすぐられた、日本初公開の50点を含む、絵画および彫刻の60点を紹介するものだそうです。

~展示構成~
1.印象派の時代 2.後期印象派 3.近代彫刻のさきがけ 4.20世紀の前衛 5.北ヨーロッパの光

続きを読む


ラウル・デュフィ展 [06展覧会感想]

大丸ミュージアム・東京で開催中の『ラウル・デュフィ展 -美、生きる喜び-』を観に行きました。この展覧会は、ヨーロッパのプライベートコレクション及びビアンシニ=フェリエ社から協力出品される12点の油彩、90余点の水彩、グワッシュ、素描に加え、デュフィがデザインした織物などあまり知られていない絵画以外の業績や参考資料も併せて展覧し、デュフィの華麗な創作の全貌に迫るものだそうです。

~展示構成~
絵画(油彩、水彩、グワッシュ、素描) ファブリック(ファブリックのためのデザイン画、ファブリック)

続きを読む


4ヶ月ぶりの美術館巡り [おでかけ]

4ヶ月ぶりにチラシ集め美術館巡りをしてきました。

※前回の美術館めぐりの記事はこちら(http://blog.so-net.ne.jp/ryuu/2006-05-14

 

今回の鑑賞は、すべて招待券によるものです。ププッ ( ̄m ̄*)

 

ラウル・デュフィ展(大丸ミュージアム・東京)

クリーブランド美術館展(六本木ヒルズ 森アーツセンターギャラリー)

ピカソとモディリアーニの時代展(Bunkamuraザ・ミュージアム)

 

クリーブランド美術館展のチケットで、

森美術館で開催中のBMW展も鑑賞できます。

車にはあまり興味がないので、とりあえず見たという感じです。

展示されている車には触れられません、もちろん乗ることも。

撮影もできません。 ジロー (;¬ ¬)

(ところで、アノ車、330キロでるのかな???)

http://roppongihills.com/jp/events/mam_bmw.html

ちなみに、

ロエベの展覧会も開催されていたようです・・・・・

見事に見落としました~~~ (ー_ーゞ イヤァ・・・面目ない

だから六本木(特にヒルズ)は苦手なんだよ・・・・・ぼそっ

帰宅後、味気ないチケットに並ぶLOEWEという無機質な活字をみて暫し沈黙・・・・・

はぁ。見るならこっちでしょ・・・・・ウーム (; _ _ )/

結構凹んでます。

 http://roppongihills.com/jp/events/mam_loewe.html

  

   

 

集めたチラシからいくつか。

鑑賞したもの、鑑賞予定のもの、鑑賞予定のないもの、いろいろ混じっています。

悔しいので、ロエベのチラシは入れませんでした!! ヽ( ´ー)ノ フッ

右は、BMW展の小冊子。

興味深い展覧会はありましたか?

いくつ観ますか??観ましたか???

 

果たして、いくつ観れるでしょうか・・・

 

展覧会の感想記事は後ほど。


ラウル・デュフィ展の招待券があたりました~(^_^)/ [アート]

大丸ミュージアム・東京で開催されている

『ラウル・デュフィ 美、生きる喜び』展の招待券が当たりました~

これで、前回のクリーブランド美術館展
前々回のピカソとモディリアーニの時代展に続いて、

3連続当選です♪ (o_ _)ノ彡☆バンバン ギャハハハ

\(^-^)/バンザーイ/(  )\モヒトツ\(^o^)/バンザーイ

チケットのデザインも爽やか~

この展覧会はこの秋の今年の大本命でしたので、
(招待券の有無に関係なく)絶対行くぞー!!
と気合が入っていました♪

その証拠がコレ

ラウル・デュフィ―美、生きる喜び

ラウル・デュフィ―美、生きる喜び

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ラウルデュフィ出版委員会
  • 発売日: 2006/04
  • メディア: 大型本

内容(「MARC」データベースより)
卓越した色彩感覚と光の扱いが特徴的なデュフィの作品集。「水」を主題に生命の喜びを表現した油彩や水彩、花や動物をモチーフにした独創的なファブリック・デザインの数々などを紹介。2006年開催の同名展覧会のカタログ。

残念ながら画像がありません・・・
ということで、楽天ブックスから。

ラウル・デュフィラウル・デュフィ

ん~~~、在庫がありませんね・・・・・   (※9月9日現在)

すみません、
実は、私が購入したら在庫がゼロになっちゃいました~ 
どうやら1冊しかなかったようです・・・ププッ ( ̄m ̄*)

表は《旗で飾った船》、裏は《パリのコンポジション》
エッフェル塔がありますね~(東京タワーじゃないよ!!旗立ってるし。)
しかも、このカバーがチョット豪華に見えます。
圧縮&縮小した画像のため、雰囲気すら伝わりませんが・・・(^_^;)

確かに、初見の感動というものは薄れてしまいますが
予習メリハリのある鑑賞、そして、荷物を減らすという理由から、
一足先に図録を購入してしまいました~ v(≧∇≦)v イェェ~イ♪
早速、中をチェックすると、青色が多いですね!!
ん~~~、青好きにはたまらん♪
海のないところに住んでいると、
「綺麗な青い海」の絵にものすご~く惹かれます

 

ちなみに・・・

楽天スーパーポイント使用のため、
キャッシュ・アウト・フローはゼロです (=^_^=) ヘヘヘ

★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜

続きを読む


クリーブランド美術館展の招待券が当たりました~(^o^)丿 [アート]

六本木ヒルズ、森アーツセンターギャラリーで開催される

「クリーブランド美術館展 女性美の肖像」

の招待券が当たりました~ v(≧∇≦)v イェェ~イ♪

 

先日の『ピカソとモディリアーニの時代』展に続いて、連続当選です!!

 

この展覧会はタイトルにあるように女性を描いたものが中心。
そこで、毎週水曜日は『レディースデー』だそうです。
雰囲気的にチョット行きづらいなぁ~なんて思っていました。

しかも、六本木。

ココはあまり好きではありません・・・(^_^;)

 

そういいつつも、

04年 MoMA ニューヨーク近代美術館展

05年 フィリップス・コレクション展

と毎年のように足を運んでいます ププッ ( ̄m ̄*)

 

今展覧会は日本初公開50点を含む、60点だそうです。少ね~よ
しかし、大好きなモネ、ドガ、セザンヌ、ピカソ、マティス、モリゾの作品があります。
これだけの名前が連なっている展覧会です、行かないはずがありません!!

たとえ六本木でも。

 デュフィ展(大丸ミュージアム・東京)とのはしごを計画していました。
その矢先の出来事(当選)です♪ (へ_へ)V イエイ!

★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜

続きを読む


ピカソとモディリアーニの時代展の招待券が当たりました~(^o^)丿 [アート]

9月2日からBunkamuraで開催されている

「ピカソとモディリアーニの時代」展の招待券が当たりました~

v(≧∇≦)v イェェ~イ♪

 

いや~、実のところ、この展覧会どうしようか迷っていたんですよ。

秋田に巡回(7/22~8/27)していた時に、会場の秋田県立近代美術館の展覧会情報に作品リストがアップされていました。(※現在はありません。)

そこで仕入れた情報によると、

展示替えがなければ、ピカソの作品は7点、モディリアーニの作品は8点・・・
(東京展ではモディリアーニは12点あるようですが・・・)

「ピカソとモディリアーニの時代」と大々的に宣伝しているわりには
チョット作品数が少ないような・・・・・
しかも、モディリアーニはそれほど興味ないし。
まぁ、別に、嫌いではありませんけどね・・・(^_^;)

 

 ブラックの作品が5点、ミロの作品も5点。カンディンスキー、クレー・・・
「ブラック、カンディンスキーがあるし、まぁ、気が向けば♪」
という感じであまり積極的ではありませんでした。
(ちなみにカンディンスキーは秋田では展示されなかったようです・・・)

 

しかし、チケットが手に入りましたので、

これで、鑑賞決定です!!ピース!(v^-^v) ピース!

続きを読む