So-net無料ブログ作成
検索選択

「巨匠ピカソ 魂のポートレート展」 [08展覧会感想]

六本木、東京ミッドタウンのサントリー美術館で開催されていた「巨匠ピカソ 魂のポートレート展」を観に行きました。
「巨匠パブロ・ピカソ(1881~1973)は、「青の時代」「キュビスム」「新古典主義の時代」など、91歳で亡くなるまで飽くことなく新しい表現を模索し続けました。一方でピカソほど、生涯を通じて内なる心に向き合い、自らの人生を創作に反映させた画家はいません。彼が残した数多くの自画像、あるいは間接的に自己を投影した作品の数々は、ピカソ芸術の本質を表していると言えます。サントリー美術館では、ピカソの魂の叫びとも言うべき「自画像」をテーマに、油彩画を中心とした約60点を展示し、どのような様式で描こうとも常に自己と対峙し、自らの存在を問い続けた画家の内面に深く迫ります。(チラシより)」
表 裏

~展示構成~
1.初期~青の時代 2.キュビスム時代の周辺 3.新古典主義時代からシュルレアリスムへ 4.ミノタウロスと牡牛 5.戦中から戦後、そして晩年 
 

続きを読む


nice!(14)  コメント(14)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アート

「巨匠ピカソ 愛と創造の軌跡」展 [08展覧会感想]

乃木坂の国立新美術館で開催されていた「巨匠ピカソ 愛と創造の軌跡」展を観に行きました。
「青の時代からキュビスムを経て、新古典主義、さらにはシュルレアリスムへと変貌を重ねる作風。パピエ・コレ、レリーフ絵画、構成的な彫刻やアサンブラージュなど、さまざまな素材と表現の可能性の追求。戦争や平和をめぐって、人間性や芸術の意味を求めて、ピカソの芸術は、多様な展開を見せます。それとともに忘れることができないのは、画家の生涯を彩り、その芸術に霊感を与えた、愛する女性たちの存在でした。国立新美術館では、生きること、愛することと芸術の創造とが分かちがたく結びついた、巨匠パブロ・ピカソ(1881~1973)の91年の生涯を、約170点の作品によってたどる大回顧展をお届けします。(チラシより)」
表 裏

 

続きを読む


nice!(14)  コメント(15)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アート

パイナップル通信♪ [育てて食べる]

ご無沙汰しております、パイナップルです。
img_4825_900.jpg
(2008年10月撮影)

前回の報告から2夏を経て、こんなに大きくなりました!(^_^)/
そろそろ実ってくれないかな~((o(^-^)o))ワクワク
 ※散らかっているのはスルーしてくださいっ! (T人T)たのむぅ!!

過去の記事にも記載していますが、
このパイナップルはスーパーの特売で買ってきて、頭(クラウン)をズボッと植えたものです。
通常であれば生ごみとして廃棄されるものですが、こんなに立派に育っちゃいました!
実らなくても、家に緑がいっぱいあると、心地よいですね♪ヾ( ̄ー ̄)ゞ

2007年春のパイナップルの様子(http://ryuu.blog.so-net.ne.jp/2007-05-15



全部食べられるの?w(°o°)w おおっ!!






 

レモンも見る?(^_^)