So-net無料ブログ作成

ハートがいっぱいのお釈迦さま [アート]

お釈迦さまにハートがいっぱい降り注いでいます[ハートたち(複数ハート)]

《如来三尊仏龕(にょらいさんぞんぶつがん)》(東京国立博物館蔵)
重要文化財 《如来三尊仏龕(にょらいさんぞんぶつがん)》(東京国立博物館蔵)
陜西省西安宝慶寺  石灰石 唐時代・8世紀


2009年5月下旬、東京国立博物館東洋館にて撮影。 

 

続きを読む


nice!(20)  コメント(18)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アート

桜さくらサクラ・2009 [09展覧会感想]

山種美術館で開催されていた「桜さくらサクラ・2009-さようなら千鳥ヶ淵-」を観に行きました。
「 万葉の時代には大陸文化の影響から花といえば梅を指しましたが、国風文化が花開いた平安時代以降は桜を指すようになりました。そもそも桜は太古の昔から日本各地に自生していた樹木で、日本人には馴染み深いものでした。いつしか貴族の邸宅や寺社の庭、または里山に植えられ、江戸時代には貴賎、老若男女問わず身近に花見を楽しむようになってきます。絢爛と咲き、潔く散る…その華麗さ儚さゆえに魔力も秘めていると感じさせます。そして日本人を魅了してやまない桜は、多くの絵画に描かれてきました。「さまざまの事 おもひ出す 桜かな」と芭蕉が詠ったように、多くの人の様々な想いとともに、桜は今でも、そしてこれからも日本人に愛され続けていくことでしょう。
 当館が桜の名所である千鳥ヶ淵の隣に仮移転してから11年目となり、千鳥ヶ淵に因んで桜をテーマにした展覧会は、皆様にすっかり馴染み深いものとなりました。しかし、本年10月の広尾への当館本移転にともない、多くの方々に愛された「桜さくらサクラ展」も残念ながら最終回になります。最後に相応しく、リクエストの多い桜を描いた作品・約50点を展示します。本展で華やかに咲き競う桜の花々を満喫していただければ幸いです。(チラシより)」


桜さくらサクラ01 桜さくらサクラ02
 

続きを読む


nice!(15)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

魔法にかけられて [ディズニー]

WOWOWで放送していたものを録画して見ました。
放送していたのはたぶん4月。
見る機会がなく録画してほったらかしになってた・・・(^_^;)


魔法にかけられて 2-Disc・スペシャル・エディション [DVD]

魔法にかけられて 2-Disc・スペシャル・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント
  • メディア: DVD



WOWOWの解説&ストーリー

解説
アニメーションで始まるが、主人公のプリンセスが魔法の王国からニューヨーク(NY)に飛び出してからは実写映像に変わるというアイディアが秀逸で大ヒット。夢物語の世界と現実の違いに気づかないお姫さま。その格好や歌・踊りなど現実の人間が見ると突飛で違和感ありありというギャップが爆笑を誘う。ある意味、ディズニー映画のセルフ・パロディだが、アカデミー歌曲賞に4曲もノミネートされた挿入歌の数々などミュージカル場面は本格的で、家族向け娯楽作として逸品だ。出演はTV「グレイズ・アナトミー」のP・デンプシー。

ストーリー
魔法の王国《アンダレーシア》のプリンセス、ジゼルは、王子エドワードと運命的に出会って婚約。だが2人の結婚で王位を失うことになるナリッサ女王は実は魔女で、結婚式の日にジゼルをある井戸に突き落としてしまう。ジゼルが着いたのは現実の世界の大都会NY。現実の世界に知り合いがいないジゼルは行くあてもなく困るが、妻と別れた離婚調停専門の弁護士ロバートに偶然救われ、彼とその娘モーガンの自宅に居候することに……。



続きを読む


nice!(22)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ルーヴル美術館展 美の宮殿の子どもたち [09展覧会感想]

乃木坂の国立新美術館で開催されていた「ルーヴル美術館展 美の宮殿の子どもたち」を観に行きました。
「時代・地域・分野を越えた膨大なコレクションを誇る美と文明の殿堂、ルーヴル美術館から、7つの部門(古代エジプト美術、古代オリエント美術、古代ギリシャ・エトルリア・ローマ美術、絵画、彫刻、美術工芸品、素描・版画)の至宝約200点が一挙来日します。
さまざまな時代・地域の美術の中に表現されてきた子どもたちの姿を通し、『美の宮殿』ルーヴルの至高の美の世界を紹介します。(チラシより)」


第1章 誕生と幼い日々 第2章 子どもの日常生活 第3章 死をめぐって 第4章 子どもの肖像と家族の生活 第5章 古代の宗教と神話のなかの子ども 第6章 キリスト教美術のなかの子ども 第7章 空想の子ども
 

続きを読む


nice!(15)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。