So-net無料ブログ作成

マンゴー栽培4年目突入!&初剪定!! [マンゴー栽培記録]

8月中旬、マンゴー栽培が4年目に突入しました♪

マンゴー01
(2010年8月12日撮影)

昨年、『50cmを越えたら切る!』と宣言したら、
ピタッと生長が止まってしまいました。。。(^_^;)

春に一回り大きい鉢に植え替えたところ根の生長が優先されたようで、上には全然伸びず。
(しかもちょっと深めに植え替えたので昨年より背が低くなった。。。)

8月に入ってからようやく上に伸び始めました。

そしたらびよ~んと一気に20cm近く伸びた。。。(^_^;)

マンゴー02
コーヒー豆のカスがどっさり。(* ̄m ̄) ププッ

68cm位。

丸3年でこれしか育たなかった・・・

部屋に置きっぱなしだからかな。。。(^_^;)
 

いよいよ初剪定!


MISIA星空のライヴⅥ☆彡&90万突破♪ [音楽]

去る2010年8月10日、
総閲覧数累計が90万を突破いたしました♪


皆さま、ご訪問いただきまして、
本当に、本当に、ありがとうございます♪ (^_^)

100810.jpg

総閲覧数累計10万突破記事(http://ryuu.blog.so-net.ne.jp/2007-05-05
総閲覧数累計20万突破記事(http://ryuu.blog.so-net.ne.jp/2008-04-30
総閲覧数累計30万突破記事(http://ryuu.blog.so-net.ne.jp/2008-08-23
総閲覧数累計40万突破記事(http://ryuu.blog.so-net.ne.jp/2009-01-07
総閲覧数累計50万突破記事(http://ryuu.blog.so-net.ne.jp/2009-05-27
総閲覧数累計60万突破記事(http://ryuu.blog.so-net.ne.jp/2009-09-07
総閲覧数累計70万突破記事(http://ryuu.blog.so-net.ne.jp/2010-01-16
総閲覧数累計80万突破記事(http://ryuu.blog.so-net.ne.jp/2010-04-24

★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜

さて、本題。
 

続きを読む


nice!(17)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ダン・ブラウン『天使と悪魔』(映画&原作本) [映画]

天使と悪魔 コレクターズ・エディション [DVD]

天使と悪魔 コレクターズ・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: DVD


堕天使。

まさに堕ちたって感じ。

でも、所詮は人間。

神でもなければ天使でもない。


ベルニーニの彫刻がいっぱい出てきたけど、
夜のシーンのため映像が暗くてあまりよくわからなかった・・・(>_<)
(これでやっとボルゲーゼ美術館展の感想記事に入れる。。。(^_^;))

面白いかどうかというと、正直、まあまあかな。。。
つまらなくはない。
 

続きを読む


nice!(16)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

絵画で見る天使と悪魔 [アート]

Cus10446_400.jpg
レオナルド・ダ・ヴィンチ《受胎告知》(ウフィツィ美術館蔵)
「レオナルド・ダ・ヴィンチ-天才の実像」展(http://ryuu.blog.so-net.ne.jp/2007-05-13

天使とはなんぞや???

受胎告知の場面に出てくる大天使ガブリエル

『大』ってつくから、なんかとっても偉そうな感じがする。

以前から気になっていました。

天使たちのルネサンス (NHKブックス)

天使たちのルネサンス (NHKブックス)

  • 作者: 佐々木 英也
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 2000/01
  • メディア: 単行本

~目次~
はじめに
Ⅰ章 天使とは
Ⅱ章 天使像の形成
Ⅲ章 天使像の変遷
Ⅳ章 天使の画像フラ・アンジェリコ
Ⅴ章 斬新と綺思-フラ・フィリッポ・リッピの天使たち
Ⅵ章 天使ガブリエルとガリラヤの乙女マリア-「受胎告知」をめぐって
  (フラ・アンジェリコの受胎告知 フラ・フィリッポ・リッピの受胎告知)
Ⅶ章 聖母マリア-母なるものの永遠なイメージ
Ⅷ章 その後の天使たち

 
第1章、「天使とは」の見出しの後にすぐ、「神と人の中間に位置するもの」「天使の『位階(ヒエラルキア)』」・・・と小見出しが続きます。

そして、その後はフラ・アンジェリコフラ・フィリッポ・リッピの作品を中心に比較しながら展開。
冒頭にいくつかカラー図版があるものの、本文中の図版はモノクロ。
この2人の画家については名前は知っているものの作品はあまりよく知らなかったので、正直きつかった。
フラ・アンジェリコフラ・フィリッポ・リッピの作品に詳しい方にはオススメ。

でも、この本、この2人の画家について詳しくなくてもオススメできるポイントがあります。
それは、『受胎告知』『聖母マリア』を独立の章立てで解説していること。
特に『受胎告知』については、フラ・アンジェリコフラ・フィリッポ・リッピをそれぞれに論じていること。

学術的で難しい本だけど、読み応えのあり。

エル・グレコ《受胎告知》(大原美術館蔵)
エル・グレコ《受胎告知》(大原美術館蔵)

さて、天使とは?

「天使とは霊的な存在なるがゆえに肉体をもたず、まして男女の性別もない。(P14)」
「天使は『告知する者・使者』のギリシア語アンゲロスに由来する。(P26)」


天使の『位階』とは?

ディオニュシオスの定義:
「できるだけ神に似たものになるところの、また神から自分に与えられた照明(イルミナテイオ)に応じ自分の能力に従って神を模倣すべく上昇するところの聖なる秩序であり、知識であり、活動である(P15)」
→『秩序』『知識』『活動』のトリアスによって天上の位階を構想
→天使の社会を三つの位階に分け、それぞれが三つの階層からなるものと考えた
→三位一体

最上階:熾天使(セラフィムSeraphim)、智天使(ケルビムCherubim)、座天使(トローニTroni)
中間位階:主天使(ドミナティオーネスDominationes)、力天使(ウィルトゥーテスVirtutes)、能天使(ポテスターテスPotestates)
最低位階:権天使(プリンキパートゥスPrincipatus)、大天使(アルカンジェリArcangeli)、天使(アンジェリAngeli)

「神意の伝達など地上で人間と人間の住む環境に対して役務を行うのは、九つの階層のうち下位五階層とりわけ最も低い二つの階層の大天使と天使である。(P21-22)」

大天使が下から2番目ということには正直とても驚いた。

レンブラント・ハルメンス・ファン・レイン《天使と格闘するヤコブ》(ベルリン国立博物館蔵) ヘルブラント・ファン・デン・エークハウト《天国の梯子についてのヤコブの夢》(ドレンスデン国立美術館蔵)
【左】 レンブラント・ファン・レイン《天使と格闘するヤコブ》(ベルリン国立博物館蔵)
ベルリンの至宝展(http://ryuu.blog.so-net.ne.jp/2005-05-03
【右】 ヘルブラント・ファン・デン・エークハウト《天国の梯子についてのヤコブの夢》(ドレンスデン国立美術館蔵)
ドレスデン国立美術館展(http://ryuu.blog.so-net.ne.jp/2005-08-29
レンブラントと弟子の作品を並べてみた。


私が知りたいのは、
絵画に出てくる天使たちがどのような役割を果たし、何を意味しているのか、
つまり、絵を読み解くための知識。


絵画で読み解く聖書と神話の世界(http://ryuu.blog.so-net.ne.jp/2010-02-03

★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜
 

やっぱりカラー図版がいっぱいの本がいいですね♪


nice!(18)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート