So-net無料ブログ作成
検索選択

ブラームスはお好きですか? [音楽]

ブラームスはお好きですか?

私は好きです♪(^_^)/

ブラームスはお好き (新潮文庫)

ブラームスはお好き (新潮文庫)

  • 作者: フランソワーズ サガン
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1961/05
  • メディア: 文庫

久しぶりに読んでみました♪


フランソワーズ・サガンの作品は、
デビュー作であり代表作である「悲しみよこんにちは」
以前記事にした「サラ・ベルナール」
そしてこの「ブラームスはお好き」の3作しか読んだことがありません。

フランソワーズ・サガン「サラ・ベルナール」~ミュシャ《ジスモンダ》
http://ryuu.blog.so-net.ne.jp/2010-05-21

さすがサガン。
なかなか面白いタイトルをつけるもんだな~

タイトルのこの言葉はデートの誘い文句です♪
ブラームスのコンチェルトのお誘い。

私もこんな粋な文句を言ってみたいものです。
でも、私のまわりの人たちの場合だと、
「はぁ? ブラームス?? 何それ??? (* ̄m ̄) プッ」
って言われるのがオチですけど。。。(^_^;)


先日図書館で借りた本です。
ブラームス―人はみな草のごとく (作曲家の物語シリーズ (7))

ブラームス―人はみな草のごとく (作曲家の物語シリーズ (7))

  • 作者: ひの まどか
  • 出版社/メーカー: リブリオ出版
  • 発売日: 1985/09
  • メディア: 単行本

人はみな草のごとく―ブラームス物語

人はみな草のごとく―ブラームス物語

  • 作者: ひの まどか
  • 出版社/メーカー: リブリオ出版
  • 発売日: 1985/09
  • メディア: 単行本

児童書では初めての 音楽家による全巻現地取材
「作曲家の物語シリーズ」 小学校上級以上向
「読みながら生の音楽に触れたくなる本。現地取材をした人でなければ書けない重みが伝わってくる。しばらくは、これを超える音楽家の伝記は出てこないのではなかろうか。最近の子ども向き伝記出版では出色である等々……子どもと大人が共有できる入門書として、各方面で最高の評価を得ています。」

ほとんどの漢字に読み仮名がふってある児童書です。
でも、児童書と侮ってはいけません。
とても興味深く素晴らしい内容でした。
というか、知らないことだらけでどんどん引き込まれていきました。
詳しく丁寧に、しかもわかりやすく書かれています。
ブラームスの伝記ではありますが、シューマンとクララのについてもとても詳しく。
もちろんブラームスを語る上では切っても切れない部分ではありますが、
私はそのあたりのことは断片的にしか知りませんでしたので、とても興味深かったです。

ブラームス:交響曲全集(DVD付)

ブラームス:交響曲全集(DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMIミュージックジャパン
  • 発売日: 2009/08/05
  • メディア: CD

奇跡のニューヨーク・ライヴ

奇跡のニューヨーク・ライヴ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルクラシック
  • 発売日: 2011/01/26
  • メディア: CD

 

続きを読む


春は来る♪ [アート]

東日本大震災から1ヵ月が経ちました。

お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、
被災されたみなさまに心よりお見舞いを申しあげます。

今日も震度6弱という大きな余震があり、
埼玉南部では震度5弱の揺れを記録しました。
現在も余震が続いています。

みなさま、引き続き気をつけましょう。

桜01

震災直後にも記事にしましたが、本震では埼玉南部は震度5強の揺れを記録しました。
うちではそれほど大きな被害はありませんでしたが、
隣接しているお宅では瓦が割れて屋根にブルーシートがかかっています。
地盤の緩いところでは液状化現象が起こり、水道管が破裂しました。
知り合いのお宅では屋根瓦が全て落ち、その際、庇に落ちて庇の瓦までも破壊。。。
今回の震災は、地震の揺れそのものによる被害よりも津波による被害が大きかったからだと思いますが、ニュースでは、内陸埼玉の被災状況はほとんど伝えられませんでしたね。
浦安等の状況を考えると当然だとは思いますけど。

今回、埼玉と福島・宮城は結構近いんだな~と実感しました。
茨城は隣接県ということはわかっていてもあまり意識することがなかったので、
すぐそこだということを実感しました。
お恥ずかしい限りです。。。(^_^;)
ちなみに弟は本震のとき筑波で古い建物の上のほうの階におり、
半端じゃない揺れで室内はゴチャゴチャ、建物もかなりやばかったといっていました。
高速が止まったためノロノロ大渋滞の一般道で深夜の帰宅でした。

さて、被災地に意外と近いと実感した埼玉ですが、
震災直後、真っ先に物資(水・食料・燃料など)がなくなりました。
理由は、真っ先に被災地向けに回されたからです。
そしてそれを敏感に感じ取った人々は買い溜め・買占めに。
東京で買い溜め・買占めが始まったという報道がされたころには、既に終了段階でした。
というか、既に店頭が空っぽの状態でした。。。早っ!(^_^;)
その後もメーカーが被災地に優先的に物資を回し続けたため、
どこのお店もすっからかんの状態が長く続きました。
北が被災した以上、供給源は南からということになりますが、
東京での需要が大きく、東京より北への供給が渋り、
買い溜め・買占めをしなかったお宅(うちも!)ではけっこう厳しい状況となりました。

先週あたりから物資の供給は通常時に戻りつつあります。
もう1ヵ月ですから。

福島から埼玉へ町ごと避難という報道がよく取り上げられていたせいか、
「埼玉は被災していない」と誤解されている方が結構いらっしゃるようですが、
それは違います。規模が小さいため報道されていないだけです。

ご近所のお宅でも親戚の方が被災地から避難されてきていますが、
被災地に近いため余震の揺れも大きく、慣れない土地でとても不安な日々を送っています。
いくら親戚のところとはいえ、避難されてきた方も、受け入れ側も、
長期化に伴い心労が重なり、体調を崩される方がでてきています。
特に原発の問題が拍車をかけています。。。

同じ埼玉南部であっても地域によって状況は異なると思いますが、
以上、震災からの1ヵ月間、
私が実際に見て感じた埼玉の状況でした。

あまり意味の無いグダグダ記事でごめんなさい。

桜02

世の中は自粛ムードが蔓延していますが、
過度な自粛は経済を萎縮させます。
残念ですが、感情論だけでは復興はできません。辛いですけどね。
経済学を齧った事のある方なら容易に理解できると思います。
もちろん節電は必要です。
節電をしつつ経済活動を盛り上げていかないと!

なんだか西日本にまで自粛ムードが広がっているようですが、
こういうときこそ、西から、南から、どんどん盛り上げていただかないと!
なんだか桜前線みたいですね。。。(^_^;)

東北の酒蔵さんも「自粛しないで欲しい」とインタビューでおっしゃっていました。
そうですよね、バカ騒ぎさえしなければ良いんですよ。
お花見しましょう!
どんどん呑みましょう♪(^_^)/

ちなみにうちの両親は、先日、茨城産のお米を買ってきました!
震災後に母の実家(新潟)から送ってもらった30キロが手付かずであるにもかかわらず。
葉もの野菜ですが、うちは、ほうれん草や小松菜を家庭菜園でつくってるんですよね。
早く食べないと薹が立っちゃうなんて言っている状況なので、買ってくるわけにはいきません。
そこで、今度はイチゴを買ってこようかと話しているところです。
うちのイチゴは路地植えなので収穫はまだまだ先ですからね。
ニュースで水揚げ拒否されたお魚の映像を見て、
「あんなに良いお魚なのにもったいないね」と嘆いております。。。

風評なんかに負けるな!

ハチャメチャな買い溜め・買占めのあとは、
風評に踊らされて買い控えって・・・
義捐金出せばそれで良いのか?
金さえ出せばそれで良いのだろうか?
一昔前の日本の外交政策じゃないんだから。
偽善金。。。

桜03


「想定外」

専門家が安易に使うべきではない。

一般的に想定外というと、
全く想定ができなかった非常事態ということのように感じるかもしれない。
テレビ等で見ている方はそのように捉えていると思いますが、
「想定外」というこの言葉の持つ意味はもっと重いと思います。

プランニング(計画段階)において、さまざまなシミュレーションをおこなう。
そして、合理的な選択をおこなう。
その過程では実に様々な状況が想定される。
経済性、安全性、政治的圧力等、様々な条件が考慮される。
そして選択されなかったものは破棄される。
結果として、
完成したものから遡っていくと、選択されたプランのその想定には入っていない、
つまりリスク等を認識・把握はしていても想定外ということになる。

専門家が想定外という言葉で安易に逃げるなっ!


原発を肯定するつもりも否定するつもりも無いが、
絶対安全などということはありえない。
(個人的には「完璧」「絶対」という言葉は、数学の答え位しか存在しないと思っているので。)
宇宙論、宇宙物理学、素粒子理論等を入門書レベルでも齧った事のある方なら、
素粒子等、物質の仕組みが完全に解明されているわけではない以上、
それを実用化するにはそれなりのリスクが伴うことは容易にわかると思います。
(そういえば、太陽活動の活発化って今回の地殻変動にも何か影響してるんですかね???)
そのなかでリスクとどのように付き合っていくのか。
これがもっとも重要な部分です。

現在の福島原発の状況は
リスク管理と対応に大きな問題があったということでしょう。

そもそも危機意識が薄い。

そして判断力が無さ過ぎる。

しかも実行が遅い。

未曾有(みぞゆう。(* ̄m ̄) プッ)の事態とはいえ、
1ヵ月経過した現在もグダグダなこの状況はもはや天災とは言えず、
明らかな人災ですよ。
 
しかも政治家が足を引っぱっている。。。

公務・公僕の意味を理解しているのだろうか。

いざという時に役に立たないヤツばっかり。

漁業や農業だけでなく、いろいろなところで、
二次被害、三次被害が生じている。
にもかかわらず、大局的な捉え方ができていない。

どうなるんだろう、この国。。。。


言いたいことは山ほどあるけれど、
ここはあくまでも趣味のブログなので、このあたりで控えておこうと思います。

先日、役立たずの消防と警察を目の当たりにしたばかりで
マジでキレそうなので。。。


被災していない人が、
無理をしすぎて潰れてしまっては元も子もありません。
多少の無理はやむを得ないにしても、
無茶はしないでください。
出来ることからコツコツとね♪ヾ( ̄ー ̄)ゞ

★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜
 
 

続きを読む