So-net無料ブログ作成

果物の秋&アボ再挑戦、ついでに170万突破♪ [育てて食べる]

2012年10月3日、総閲覧数累計が170万を突破いたしました♪
たくさんのご訪問ありがとうございます。

20121003.jpg

160万突破(http://ryuu.blog.so-net.ne.jp/2012-07-15


★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜


初登場、アボカド3号。

アボカド01

昨年の秋、アボカドを2鉢とも枯らしてしまいました。
まぁ、いろいろドタバタしてたから。
いや、単に根腐れしただけです。。。(-_-;)

アボカド02

アボが2鉢とも元気が無かった夏、
新たに栽培し始めたのが、この3号です。
観葉植物としてずっと楽しんできたアボカドくんの
大きくて優しい色合いの葉っぱが部屋から消えてしまうのは
ちょっと寂しいですからね。

現在の大きさは40cm弱といったところ。
既に脇芽も出てきていますが、時期的にこれは育たないような気も。。。
室内の窓際に置いてあるからまだ育つかな?


さて、本題。


 

続きを読む


知識ゼロからの京都の仏像入門 [アート]

そうだ 京都、行こう。

ふと、そうつぶやきたくなる本に出会いました♪

知識ゼロからの京都の仏像入門

知識ゼロからの京都の仏像入門

  • 作者: 伊東史朗
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2010/03/24
  • メディア: 単行本

~目次~
はじめに
第1章 仏像の基本を知る
 仏教・仏像の誕生 釈迦の誕生~日本への伝来
 京都の仏像の歴史 飛鳥・奈良時代 平安時代前期 平安時代後期 鎌倉時代
 仏像の世界 如来 菩薩 明王 天部 羅漢・高僧

第2章 エリア別・京都の仏像案内
 仏像拝観の基本
 市中 01東寺(教王護国寺)  不動明王坐像 薬師如来坐像
     02三十三間堂(蓮華王院)  千手観音坐像 二十八部衆立像 迦楼羅王
     03六波羅蜜寺  空也上人立像 地蔵菩薩立像
     04千本釈迦堂(大報恩寺)  六観音像 准胝観音立像
 東山 01永観堂(禅林寺)  阿弥陀如来立像(みかえり阿弥陀)
     02東福寺 同聚院  不動明王坐像
     03泉湧寺  楊貴妃観音像
     04泉湧寺 即成院  二十五菩薩像 観音菩薩坐像
 洛西 01広隆寺  弥勒菩薩半迦思惟像 阿弥陀如来坐像
     02神護寺  五大虚空蔵菩薩坐像 蓮華虚空蔵菩薩像 薬師如来立像
     03仁和寺  阿弥陀如来坐像
     04清凉寺  釈迦如来立像
     05ニ尊院  釈迦如来立像・阿弥陀如来立像
 洛北・洛南 洛北01三千院  阿弥陀三尊坐像
         洛北02鞍馬寺  毘沙門天立像
         洛南01平等院  定朝作 阿弥陀如来坐像 雲中供養菩薩像 北25号
         洛南02醍醐寺  薬師三尊像 快慶作 弥勒菩薩坐像
         洛南03萬福寺  十八羅漢像 羅怙羅
         洛南04隋心院  如意輪観音菩薩坐像
 南山城 01浄瑠璃寺  九体阿弥陀如来坐像 中尊 吉祥天立像
       02観音寺  十一面観音菩薩立像
       03蟹満寺  釈迦如来坐像

第3章 仏像をもっと知りたい
 髪型・装飾品 印相・持物 表情・色 ポーズ・台座 造仏(製作の基本) 造仏(仕上げ) 寺院の伽藍配置
巻末付録 京都の仏像巡りのヒント
 京都の仏像巡りMAP ①市中②東山③洛西④洛北・洛南・南山城
 ご開帳の暦
 仏教用語辞典
 京都と仏像の関係史


143ページ。薄くて持ち運びもOK!
しかも安い。

基本的にはカラー図版。
一部カラー写真もあるが、表紙からもわかるように、写真ではなくカラーイラストがメイン。

第一印象。
なんだ、イラストか。
だから安いのかと。。。。。 

しかーし、そう侮ってはいけません!

これ、見事にやられましたよ♪

イラストの方が仏像の特徴や鑑賞ポイントを的確に捉えていて、わかりやすいです!!

イラストも結構可愛いですし、
彩色が易しいので、とても見やすいです。

第3章「仏像をもっと知りたい」巻末付録仏教用語辞典
気になったときにすっと取り出して確認したくなる。

京都観光の際には持ち歩きたくなる1冊。
計画を立てる際にも予習復習にもOK。

京都に行けなくても、仏像の入門書として楽しめます♪
(結構、上野の展覧会にいらっしゃったりもしますしね。)

★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜
 

続きを読む


nice!(8)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート